まずはポータブルオーディオから

オーディオ。昔からファンが多く、魅力にとりつかれていれる人が沢山います。音の世界は奥深く、お金をかけようと思ったら青天井です。そんなオーディオの世界で現在巻き起こっている議論として、データ派かレコード派かの議論があります。データを出力して聴く利点は、まずは場所を取らないこと、そしてモノが劣化しないことが挙げられます。レコードを所有するメリットは実際に手で触れること、独特の割れや砂を感じることができることです。現在メインストリームになりつつあるのは、データ派なのかなと思います。初めてオーディオの世界に足を踏み入れるにも、データ出力のほうが気軽で高音質かなと思います。各種メーカーが出しているポータブルオーディオを購入し、ブルートゥースで飛ばして聞けば、必要な道具もほとんどなく、簡単に聴き始めることができます。一歩踏み出した後に、二歩目、三歩目と踏み出したいときは、ポータブルオーディオの音をベースにして、量販店などでヤマハのオーディオシステムなどの聴き比べをしてみるといいと思います。