ネットワークオーディオを視聴

ネットワークオーディオを本格的に初めて視聴してきました。
システムはQNAP?のNASにマランツNA11からエソテリックのプリメインアンプ I-05のシステムでスピーカーはJBL4700とB&W 805ダイヤモンドのトールボーイとブックシェルフです。
このプリメインのボリューム値20にての視聴でした!曲は聴いたことないjazzと宇多田のオートマチックのみ音源はFLACとの事でした。
共に素晴らしい音でしたがS4700のこの音は独特ですね。乾いたというか、生音って感じしました。805は比べるとシットリ、艶ありみたいな。共に違った良さがありましたがs4700の大ウーハーからか余裕とある程度のボリュームを越えたあたりからグワっとくる感じが良かったです。
じゃじゃ馬感ありましたが、いやー、良かったです。糞耳での視聴でしたがこの操作感とか総合的に欲しい!ってなりました。
まあ、予算の都合でN-50から初めてみようと思います。
店員さんに聴いたらデシベルパワーアンプだったかな?のソフトでリッピング、を直行でNAS保存がいいですよ!と教えてくれました。 形式はFLACで!と。
NA- 11は丁度昨日、視聴会を行ったらしくやはりかなりの好評価でそのお店では入荷待ちのようでした。
EPICON が調整中との事で聴けなかったのが残念でした。